2013年07月14日

エアコンクリーンナップ作戦発動!

酷暑が始まって1週間以上が過ぎてしまいましたが、酷暑が始まるまえに、
リビングと寝室のエアコンの清掃を行ってみました!

ネットでいろいろと調べたところ、市販のクリーナーはよくないとか、
こんなふうにやればいいとか、結構、勉強になる事が紹介されていました。
で、簡単な方法やいいところを、ぐぐっと(自分勝手に)纏め、掃除に
挑戦してみました。

【ポイント】
・可能な限り、掃除機で、汚れは丁寧に取り除く
・ネジで固定されているエアコン本体のカバーは取り除く
・市販のクリーナーは、手の届かないところ中心に使う
・クリーナー液はふき取り、その後水で流す
・マスクは、忘れずに!

ダイソーで掃除機の先につけるブラシ(写真には映ってません。)なんかも購入
しましたが、松居棒なんかも作成して、以下のような掃除用具をそろえました。
P6290781 (400x300).jpg

↑ 因みに、青い柄で両端にブラシがついている道具は、ダイソーで購入したもの
ですが、いろいろなところのお掃除に大活躍しています。青い硬いブラシと
白の柔らかいブラシを用途によって上手く使い分け、台所やお風呂場の掃除でも
活躍している(自分の中では)数少ないヒット商品手(チョキ)だと
勝手に思っています。

さて、今回は、以下のマイナーなエアコン(コロナ製・2006年購入)の大掃除
をしてみました。夏も冬も大活躍ですが、結構、ほったらかしでした。
P6290778 (400x300).jpg

通常、清掃はフィルターのみですが、ネジで止まっているエアコン本体のカバーも
外します。↓ 外したパーツです。
P6290782 (400x300).jpg

で、こんな感じにして、冷却フィンをダイソーブラシも使って、念入りに掃除機で
ごみを吸い取ります。
P6290784 (400x300).jpg

一番汚れているのは、風を送るファンで、ここの部分はカビで真っ黒です。なんか
カビをいっぱい吸い込んでいる気がしてきました。。。
ここも掃除機で、まずはしっかりと汚れを取り、そのあとは、クリーナーを多用します
が、ただクリーナーを吹きかけるだけではなく(クリーナーには、そのまま放置でキレイ
なると書いてありますが。。。)、その後、ぼろ布や松居棒で、汚れをキッチリをふき
取ることが重要だと思います。

↓ この奥に、ファンがあります。電子パーツ類は、極力逃がしておきます。
P6290787 (400x300).jpg

↑ この掃除に入る前に、ゴミ袋をエアコンの下に貼り付け、クリーナーやそれを洗い流す
汚水を受け止めるようにします。

すべての清掃が終了して、若干、乾燥させた後に、本体を組み付けますが、試運転と
中に残っている水を吹き飛ばす作業をします。送風運転で行いました。
↓ その時は、添付のように、帆船の帆(セイル)が開いたみたいです!なかなか
壮観な眺め?でした。
P6290791 (400x300).jpg

清掃時間は、1台あたり1時間半ぐらいでしょうか?
本体のカバーを外す際、メーカーによって異なりますが、ネジを3〜4本ほど外すこと
になります。ただ、その場所が判り難く結構難儀します。
上記のコロナ製は、見つけるのは、簡単でしたが、寝室のシャープ製のエアコンは苦労
しました。

まあ、完全に清掃できたとは思いませんが、8割以上の汚れは除去できたのかな?
なんて思っています。
業者さんにお願いすると、かなりのお値段を請求されてしまいますので、一発、奮起して
挑戦してみる価値はあるのかなと思いました。

汚いよりきれいなほうがいいですからね。。。でも、大変なので、別のお部屋にある、
もう1台には手がついていません。。。酷暑が始まってしまっていますので、この夏
での清掃は、もう出来ないような気がいたします。。。モバQ

ラベル:エアコン 掃除
posted by 七味唐辛子 at 12:02| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。